太陽光発電所の長期安定稼働はメンテナンスが命

Drソーラーはあなたの太陽光発電の「お医者さん」

歯が痛くなったら歯医者へ行くように、太陽光のことは、太陽光に特化した会社にメンテナンスを依頼することが大事です。太陽光発電システムのO&Mサービスを行っている会社が多数ありますが、電気設備の専門者が点検しているのは当たり前のこと。それプラス、太陽光発電システムを熟知したうえで、電気設備の専門者が点検していくことが太陽光発電システムの定期点検です。ここの違いを知ってください。
エコテックのドクターソーラーは、FITが始まる前から京セラのフランチャイズとして住宅用の太陽光発電システムを取扱い、FITが始まった当初より、産業用の大規模発電システムを取扱い、定期点検を行ってきた実績があるので、設備を熟知しております。

メンテナンスメニュー
過剰なサービスを除くことで低価格を実現

定期巡回サービス
定期巡回サービス

定期的に発電所を巡回し、モジュール・架台・基礎の状態や、雑草等の状況を写真付報告書で作成します。

測定
測定

太陽光のプロの目による測定作業により、太陽光発電所の長期安定稼働をサポートします。

遠隔監視
遠隔監視

インターネットでのモニタリングを実施
遠隔監視システム(エコめがね、ラプラス等)を利用し、インターネットによる情報を取得。システムが常時、発電量と稼働状態のモニタリングをします。異常や不具合を発見した場合、太陽光発電所に赴き、原因を追究し応急処置及び発電復旧を施します。

オプションプラン

駆け付けサービス
駆け付けサービス

太陽光発電システムに故障や異常が見つかった際に、現地へ駆け付け、復旧対応を行います。

除草サービス
除草サービス

雑草は太陽光発電所の天敵です。定期的な除草をお勧めします。(刈り倒しになります)

IR測定
IR測定

赤外線カメラを利用して、太陽光モジュールの温度分布測定を行います。

IV測定
IV測定

系統毎にストリングトレーサーを使用して、IVカーブ・太陽光モジュールを測定し、太陽光パネルの状態を把握します。

パネル洗浄
パネル洗浄

太陽光モジュールの汚れによる発電量の低下、落ち葉の付着や糞害によるホットスポットの発生を防ぐ為にも、定期的な清掃をお勧めします。

お客様のご要望に合わせた契約プランを作成します。

メンテナンスの流れ

お問い合わせ
お電話もしくはメールフォームからご連絡ください。
情報の開示
発電所情報(設備仕様書・配置図・単線結線図等)をご用意ください。
お見積り
開示していただいた情報を基に、ご要望に応じたメンテナンスプランを作成します。
点検作業
契約内容に基づき各種点検を行います。
結果報告
結果報告書を作成します。点検・診断により不具合が見つかった場合は、別途対応のご提案をさせていただきます。
 

なぜ太陽光発電のメンテナンスが必要なのか

お客様がご購入されたのは機材単品ではありません。 個々の機材が集まったシステム設備です。個々の設備には耐用年数が必ずあります。 電気会社から売電0円の明細が送られてきて、初めて発電してないことに気付いたなんてこともない話じゃありません。 その時点でのロスはどのくらいでしょう。 さらに、修理完了までのロスはどのくらいでしょう。。 そうならないための、メンテナンスです。 エコテックのドクターソーラーでは太陽光発電の設計・施工・販売を行うと共に、そのメンテナンス業務を請け負い、様々なトラブルを解決してきました。

トラブル解決事例

重大事故を未然に防ぐ
重大事故を未然に防ぐ

メンテナンスをしていない太陽光発電所では、工事不良や徐々に変化していく機器の不具合に気付くことができません。事故が起きてしまった場合、修理費等大きな損失が生まれるだけでなく、人をまき込んでしまう可能性もあります。しかし、定期的なメンテンナスを行い、異変にすばやく気付くことで、こういった事故の可能性を限りなく低くし、長期的な安定収入を得ることが可能になります。

雑草によるトラブル
雑草によるトラブル

野立ての太陽光発電所では、雑草対策が重要です。雑草がパネルを覆ってしまうと影となり、発電量低下の原因になります。

糞害によるトラブル
糞害によるトラブル

パネルに糞が長い時間付着することで、その部分が発熱してしまい、セルの燃損につながってしまいます。

施工不良によるトラブル
施工不良によるトラブル

最近では施工段階での不良事例が多く報告されています。架台とパネルのボルトがきちんと固定していなかった為、強風でパネルが吹き飛んでしまったり、土砂対策の不備等、後々に莫大な補修費用が発生してしまったケースもあります。

パネル割れ・パワコンの故障によるトラブル
糞害によるトラブル

パネル割れやパワコンのトラブルは発電量が低下することはあっても、発電量がゼロなることが殆どない為、遠隔監視をしていても防げない事があります。「最近発電量が落ちているのでは?」と感じながらもそのまま放置される場合が多いです。

上記のようなトラブルでお困りの際はお気軽にお問い合わせください。

〒461-0004 愛知県名古屋市東区葵3-15-31千種第3ビル2F
TEL:052-937-2001 FAX:052-937-2003

京セラソーラーFC名古屋東

〒461-0004
愛知県名古屋市東区葵3-15-31千種第3ビル2F
TEL:052-937-2001 FAX:052-937-2003

京セラソーラーFC豊田

〒471-0023
愛知県豊田市挙母町2-32
TEL:0565-36-4001 FAX:0565-36-4004

CONTACT

事業に関する情報は、お電話またはフォームからお問い合わせください

電話番号
お問い合わせ
PAGE TOP